Swimming.jp

Swimming SNSについて

指導者検索について

指導者検索では、SNSに登録されている指導者の一覧を都道府県別に見る事が可能です。今まで見えにくかった各指導者の経歴、指導回数や口コミなどを閲覧できます。

また各指導者欄にある「アドバイス登録」をおこなうと、レッスン受講後に担当コーチより以下の「担当コーチからのアドバイスの閲覧」にあるようなフィードバックを受ける事ができるようになります。ただし、各コーチによりアドバイス料などを別途請求される場合がありますので、必ず各指導者にお問い合わせの上「アドバイス登録」をおこなってください。 (SNSでのアドバイス登録料金は無料です。)

Swimming SNSの位置付け
Swimming SNSの位置付け

以下でもアドバイスページ利用の流れを記載しております。

水泳指導受講の勧め

水泳は陸上と違い、支える点がないので非常に不安定な状態での運動になります。 陸上では片手を上げても下半身が固定されて動きませんが、深いプールで浮いて首だけ出ている状態で右手を上げた瞬間、足は左にスライドしていきます。この非日常的な動きは頭の中のイメージと合致しない事が多く、ある程度泳げるようになってビデオ撮影した時のご自身の泳ぎとイメージしていた泳ぎの差にびっくりされるという事がよくあります。そこが水泳の面白い所でもあり難しいところでもあります。詳しくは「泳法上達のコツ」をご覧ください。

水の中でのイメージと実際の泳ぎは、経験とそれに対する個々に合った指導(フィードバック)によって少しずつ合致(擦り合わせ)できて行きます。今までの多人数での指導では「プライベートレッスンの口コミ」にもあるようになかなか個人に合った指導ができません。

例えば20人の生徒さんに指導者が1人の場合、綺麗に泳ぐための指導を行おうとすれば、20人の方の泳ぎを見回して、どのようなアドバイスが多人数に有効かを考えます。その中には腰が反って足が沈んでいる方もいれば、腰が水面が出ている方、呼吸が難しい方や上手な方がいるので、どうしても一般的な練習やドリルになり、ピンポイントで受講者に合った練習ができません。

いくらご自身が知識を持っていたとしても、イメージと実際の泳ぎが合致していなければ逆効果となる練習に取り組んでしまう事にもなりかねません。「綺麗に泳ぎたい」「速く泳ぎたい」と思うのであれば、月に1度でもいいのでプライベートレッスンにてアドバイスを受け、目標となる理想の泳ぎに一歩一歩近づいていく事が近道となります。

■ アドバイスページ利用の流れ

1.指導者検索ページ
指導者一覧でご希望の指導者を検索します。都道府県別での検索も可能です。

2.指導者のプロフィールを確認
指導者一覧から気になった指導者の名前をクリックすると、プロフィールページが閲覧できます。

3.アドバイザー登録ボタンをクリック
指導者からアドバイスをもらうためにはこのボタンをクリックして登録します。(登録無料)
アドバイザー登録は後からでも構いませんが、再度指導者検索が必要になりますので、登録しておきましょう。(いつでも登録解除できます。)

登録が完了すると、アドバイスを受ける事が可能になります。以下の手順もしくは指導者に直接連絡し「アドバイス付」のプラベートレッスン予約をおこなって指導を受けてください。

4.指導者のFacebookアカウントからお問い合わせ
指導者プロフィールにお問い合わせ方法が記載されている場合にはその指示に従ってお問い合わせください。

記載がない場合、指導者プロフィールから指導者のフェイスブックアカウントにアクセスし、メッセージから「アドバイス付レッスンの受講」や「メニュー作成」が可能であるかをお問い合わせください。

5.レッスンを受講
「アドバイス付レッスン」を予約し、受講してください。

6.レッスン受講後にアドバイスページを確認
レッスン受講日〜数日後までに指導者からのアドバイスが登録されるはずです。
アドバイスページにてレッスンのアドバイスをご確認ください。

■ 担当コーチからのアドバイスの閲覧

指導者検索にて「アドバイス登録」をおこなったコーチのレッスンを受講後にいただけるフィードバック例を以下に表示しております。

アドバイスページの使い方
Youtubeを使ったフィードバック例
3Dを使ったフィードバック例

このようなフィードバックを頂く事でレッスンの復習+指導者の意図をより詳しく知る事ができるので、受講者の技術定着が短縮され満足度も向上します。